美しい二重を維持するため|医師の技術力を見極めよう|脂肪吸引に失敗しない為の極意
ウーマン

医師の技術力を見極めよう|脂肪吸引に失敗しない為の極意

美しい二重を維持するため

ウーマン

皮膚や皮下脂肪を除去

まぶたは、部分的にくぼませることで、一時的に二重の状態になります。そしてそのくぼみの中に、接着用の化粧品を塗れば、二重の状態を維持することが可能となります。ところがまぶたの皮膚がたるんでいたり、厚い皮下脂肪の層があったりする場合は、この方法では美しい二重を作ることができません。たるんだ皮膚が覆いかぶさることで、二重が隠れたり、皮下脂肪の膨らみで、接着すること自体が困難だったりするからです。そのような人の場合、美しい二重にするためには、美容外科で全切開による治療を受けることが必要です。全切開とは、目頭から目尻に向かって、まぶた全体にメスを入れることで、皮膚や皮下脂肪を大きく切り取るという治療です。この治療により、二重の妨げとなる余分な皮膚や皮下脂肪を、まとめて除去することができるのです。

効果やダウンタイム

全切開では、皮膚や皮下脂肪を切り取った後、もちろん縫合がおこなわれます。切り口を縫い縮めることになるので、これによりその部分はくぼみます。するとまぶたは二重の状態になりますし、この状態は半永久的に持続します。つまり全切開をすれば、まぶたを接着させることなく、常に二重の状態で過ごすことが可能となるのです。効果が高い分、治療後のダウンタイムはやや長めです。具体的には、1ヶ月ほど腫れが目立つことになりますし、さらに内出血が生じることもあるのです。しかしいずれも、時間の経過とともに自然に解消されていきますし、それにつれて美しい二重が目立つようになります。また、まぶたには切開による傷が残りますが、これはくぼみの底の部分となるので、目立つことはありません。